Pokemon ソードシールドに向けた予習記事 ②ダブルバトル準備編 (パーティー構築を考える5つのポイント)

みなさんどうも、はむです🐹

ポケモン ソード・シールド、発売まで一か月切りましたね。私自身は、シリーズでは初めてサンムーンでやりこみまして、ウルトラサンムーンは仕事の関係でやり込めませんでした。

ポケモンっていろんな楽しみ方があると思いますが、私はやはり対戦、特にダブルバトル(WCSルール)が一番面白いと思います。ポケモンgoやレッツゴーピカチュウ&イーブイなんかもあって、次のシリーズは対戦を始めたいなと思っている方もおられると思います!

そこで、ポケモン ソード・シールドの予習ということで、ダブルバトルの始め方を解説したいと思います。私自身も最近まで初心者だったので、結構分かりやすくできるのではないでしょうか。重要な部分だけをシンプルにお伝えします!(前回記事のコピペやんけ)

今回は準備編として、パーティー構築を考える上で重要なポイントを5つの項目に分けて紹介します。

①好きなポケモンを使おう!

②まずは天候パーティーを使ってみよう!

③タイプ相性って?

④アイテムで対策しよう

⑤600族を使おう

①好きなポケモンを使おう!

それが一番難しいよ~。

ダブルバトルは、手持ち6体から4体(先発2体+後発2体)を選出します。ですので、先発が一番重要です。逆に言うと、先発二体さえ決まっていれば、後はタイプ相性などである程度決まってしまいます。そこで、先発二体の決め方ですが…

一番重要なことは、好きなポケモンを使うことです!

はい。たとえば、私はジュカインが好きです。

「ジュカイン」の画像検索結果

ジュカインのステータスを見ますと…

特性: しんりょく/かるわざ

H: 70, A: 85, B: 65, C: 105, D: 85, S: 120

え、ふつうに結構魅力的なステータスしてるじゃん。私は、第7世代から対戦始めた勢ですので、それまでの環境はあまり知りませんが。WCSルールでは、テテフライド(カプテテフ・フワライド)という構築が流行りました。その情報を参考にして、カプコケコ・ジュカイン(かるわざ)を考えました。ちなみにかるわざというのは、持ち物がなくなると素早さが二倍になるという特性です。カプコケコは、エレキメイカーという特性で、エレキフィールドをはることが出来ます。そして、ジュカインにエレキシード(エレキフィールド下で発動し、Bを一段階上昇する)という持ち物を持たせると、エレキメイカーの発動タイミングでBが一段階、Sが二段階上昇します。

「カプ・コケコ」の画像検索結果

ここで重要になるのは、苦手対面を考えることです。ジュカインはCもそれなりで、エナジーボールも覚えますので、一致等倍であれば意外と削れます。控え目C全振り(実数値172)であれば、対ガブリアス(D実数値106と仮定)相手に、84~99のダメージが出ます。カプコケコのマジカルシャインとあわせれば十分倒せます。ダメージ計算についてもいずれ触れたいと思います。

かなり話がわき道にそれました…一致で倒せない範囲をしっかり考えましょう。まあ、飛行・鋼・ドラゴンが重いです。飛行・ドラゴンは目覚めるパワー(氷)で対処するとしても、鋼は真面目に対策する必要があります。目覚めるパワーについてもいずれ触れます。そこで、技をじっくり見たところ、

しぜんのちからって強いんじゃね?

と思いました。エレキフィールド下だと、なんと実質一致で十万ボルトが打てます。これは、正直想像を絶する強さでした。ひらいしんに結構弱いので地面Zガブリアス、フィールドを書き換えてくるカプテテフやカプブルル相手対策にテッカグヤなどを採用しました。カプレヒレは、まあジュカインで処しました。

とまあ、好きなポケモンをどうすれば強く使えるのか?というのを考えるのが、やっぱり醍醐味だと思います。

いきなりは無理だよ~、という方のために、

②まずは天候パーティーを使ってみよう!

はい、先発が結構簡単に決まります。

現在内定している天候ポケモンは、

キュウコン(ひでり)、バンギラス(すなおこし)、ペリッパー(あめふらし)、カバルドン(すなおこし)、ユキノオー(ゆきふらし)、ギガイアス(すなおこし)、バイバニラ(ゆきふらし)

になるかと思います。

天候アタッカーは、

ラフレシア(ようりょくそ)、キレイハナ(ようりょくそ)、ルンパッパ(すいすい)、エルフーン(ようりょくそ)

あたりでしょうか…ぬけがあったら申し訳ありません。

まあ、雨パ一択でしょうか。ペリッパー・ルンパッパの組み合わせになりそうですね。これから、まだまだ内定ポケモンや準伝説のポケモンの情報も出るかと思いますし、特性が追加される可能性も十分あります。雨パは、素早さ二倍かつ水技の威力1.5倍なのでかなり強力です。

③タイプ相性って?

さて、先発が決まったらあとは、後発です。基本的には先発で対処できないポケモンを置くことになります。重要なことは、先発が倒せないポケモンを倒すあるいは先発では倒しきれないので受けるポケモン、のどちらなのかを理解して編成することです。

水タイプの攻撃技は、みず・くさ・ドラゴンに半減されます。

水タイプは、ほのお・みず・こおり・はがねを半減します。

ルンパッパはみず・くさなので、水タイプには対処できると考えます。ペリッパーもみず・ひこうなので、ひこう技(ぼうふう)でみずもくさも対処できると考えます。ドラゴンは、基本的には冷凍ビームで処します。が、雨パは基本的には草タイプ(まあ、ナットレイですね)が重くなってしまいます。それから、天候を変えてくるパーティが苦手です。砂パはともかく、ひでりパ・あられパは厳しくなりがちです。メガリザードンYを入れるという対処をよくしていましたが、剣盾では使えないですよね…。火ロトムかリザードンになりそうですか…。ボーマンダでいかくをかけるのも難しく、テッカグヤで受けだすのも出来ないとなるとなかなか対処は難しいかもしれません。

また話が脱線しましたが、雨パでは先発が倒せないポケモンが、主にナットレイになります。ですので、それを処すのがリザードンや火ロトムというわけです。そして、受けるポケモンは、ボーマンダやテッカグヤになります。もちろん、ボーマンダもテッカグヤも強力なポケモンですので結局はナットレイを倒せますが、特性を含めた耐久力で一度受けてから、態勢を立て直すためのポケモンになります。

最後に電気タイプの通りが良いですので(一貫性があるといいます)、クワガノンのようなでんきを含めた複合タイプを入れれば、割と対処できます。

火ロトムなら、ほのお・でんきでいろいろ対策できると思う方は大勢おられると思いますが、やめた方が良いです。理由は、火ロトムへの負担が大きすぎるからです。どうしても複合タイプのポケモンは優秀なのが限られてきますが、一体に多くの役割を持たせすぎると、簡単に崩壊します。

と言われても、難しいですよね。

④アイテムで対策しよう

ポケモンは、アイテム一つでタイプ相性をひっくり返すことが出来ることもあります。前作のZわざが代表的です。アイテムも結構たくさんあるので、

まずはこだわりスカーフを使ってみよう!

こだわりスカーフは同じ技しか使えなくなる代わりに、素早さ実数値を1.5倍にしてくれます。最強です。では、誰に持たせるのか?

ジャラランガかサザンドラに持たせてみよう

ジャラランガやサザンドラは結構速いポケモンです。ドラゴン技やあく技は半減できるポケモンが少ないです。これを一貫性が高いといいます。特にフェアリーが弱そうな今環境は、この二体が暴れると信じています。スカーフを持たせたジャラランガでスケイルノイズをうつ、スカーフを持たせたサザンドラであくのはどうをうつ。とても強いです。

ちなみにバンギラスに持たせても強いですよ。

こだわりアイテムなど、実数値を1.5倍にするアイテムは、種族値の高いポケモンほど恩恵が大きいです。迷ったら600族に持たせましょう。

要はですね、

⑤600族を使おう

600族というのは、種族値の合計が600のポケモンです。最強です。準伝説より種族値が高いです。種族値の高いポケモンは、それだけ強いです。いろいろな役割も果たせるし、初心者が使っても強いです。対戦は勝てないと楽しくないです。迷ったときは、600族を使ってみれば間違いないです。

対戦に勝てるようになれば、またいろいろなポケモンの使い方・育て方が見えてくるはずです。努力値の振り方・性格・技構成・持ち物で、ポケモンは全く別物になります。パーティーによって運用方法も違ってきます。

正解はありません。重要なことは、愛を持って個々のポケモンの自分なりに強い運用法を考えることです。きっとこたえてくれますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました