ソードシールドダブルバトル③ ドラパセキタンザン (シリーズ4)

pokemon

おひさしぶりです、はむです。

なんとシーズン1以来のランクマダブルバトルです笑 鎧の孤島リリースで帰ってきました。

早速マスボ級まで行ってきましたが、今回はドラパセキタンザンを使いました。キョダイセキタンザン、相当えぐい強さですね。対策不足だと試合をそのまま崩壊させられるレベルでした。

構築は↓の通りです!

各ポケモンの説明

①ドラパルト (クリアボディ、陽気、こだわりスカーフ、H4 A252 S252)

スカーフ最速でなみのりしてセキタンザンの弱点保険+蒸気機関を発動させるポケモンです。

特徴的なのは、ワイドブレイカーでしょうか。バンドリ相手に上からワイドブレイカーで襷破壊&Aダウン出来たり、終盤に相手の物理アタッカーを機能停止させたりと意外と仕事をしました。

ただ、ドラゴンアローとどっちでこだわるかが難しかったです。気合の襷とかの方が強い気がしました。ゴーストダイブは打ちません。

②トゲキッス (強運、控え目、鋭い爪、H252 C252 S4)

普通のトゲキッスです。鋭い爪+強運で急所に当てていくスタイルです。基本的にはマジカルシャインしか打ちません。

ダイマックスしてダイジェット打つのもかなり強かったです。

③ ゴリランダー (グラスメイカー、意地っ張り、突撃チョッキ、H252 A252 D4)

普通のゴリランダーです。ウッドハンマーの火力がバグってます。

グラススライダーも結構強かったですね。

バークアウトは使いませんでした。叩き落とすとかの方が強いと思います。

ゴリランダーは良くも悪くもとがっているポケモンなので、強い相手には強く弱い相手には弱いという印象でした。

④ ミロカロス (勝ち気、控え目、潮のお香、H252 B4 C252)

よくあるミロカロスです。濁流打つのが強いです。

ダイマックスしてダイストリームを押し付けるのもなかなか強力な動きでした。

環境にガオガエンが多いので、ゴリランダーでガオガエンを引っ張り出してミロカロスの勝ち気を発動させると試合終了でした。

⑤ セキタンザン (蒸気機関、控え目、弱点保険、H36 C252 S220)

キョダイマックスエースです。

S実数値は78ですので、6段階上昇で312です。一応すなかき最速ドリュウズ抜きです。

メテオビームベースの巨大噴石が強すぎました。巨大ラプラスも一撃ですし、抜群で受けられるポケモンはまずいないでしょう。

キョダイマックス後は燃え尽きて、単岩タイプとして大地の力だけうっていました。キョダイマックス後の動きがとてつもなく弱かったので、大地の力ではなく原始の力とか、燃え尽きるの代わりに熱風とかの方が強い気がします。

⑥ ジュラルドン (筋金入り、臆病、こだわりメガネ、H4 C252 S252)

ネタ枠です。

こだわりメガネでてっていこうせんを撃ちたかっただけです。

弱くはなかったですが、強くもなかったです。

基本選出

基本は、ドラパセキタンザン+キッス・ミロカロスです。

初手ドラパは波乗りでこだわってしまうので、キッスかミロカロスに引きます。

セキタンザンで盤面を制圧しつつ、キッスかミロカロスの全体技で削っていく流れです。

対トリパ

キッスミロカロス+ゴリランダー+後一匹です。

雑にマジカルシャインと濁流を撃ってるだけで強いです。

トリル下でもゴリランダーは猫だまし&グラススライダーがあるので、結構役割が持てます。

ドラパルトも、こだわりスカーフではなく気合の襷にして不意打ち持たせたら選出したかもしれません。

課題

エルフーンエースバーンがかなりきついです。

選出しないジュラルドンの枠をサマヨールとかにして、トリルで切り返すとかできると良いかもしれません。

次のシーズンからは、ウーラオスやマリルリなど強力なアクアジェット使いが解禁されますので、セキタンザンの運用はやや難しくなりそうです。テラキオンもきついです。

一方で、ファイアローには強いですので、環境次第ではささるかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました